DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
web拍手
DATE: 2008/07/14(月)   CATEGORY: 未分類
ホーム●ス○学生。
ドラマの方みたんですが、お兄ちゃんかっこいいよ…なかなかああいった生き方はできないよ。
わたしも小さい頃は、生活ばたついたんですが、解散!はなかったな。

<太>ここから長いのでとばして、下の行に飛ぶのも有りかと。

私が低学年の頃、姉弟離れて育ったり、知り合いの庭先の小屋に父方の祖父母と母と、弟、私の5人で隠れ住むように過ごしたりw
妹は小さいので、母方の祖父母に預けられていた。
夏休みになると、母の負担を減らすために母の姉妹のおばさんの家を転々と預けられたりとかしてましたが、のんきな子供なので、隠れ家に住んでるみたいだ、とか親戚の家に行くと従兄弟と会えるので楽しんだりとかしてました。(親戚宅だとご飯も沢山でます。…というか多すぎて食べるのが大変なくらいだった)
取り敢えず食べるものが無い、という状況にはならなかったのでのんきでいられたんだと思います。
たとえ毎日のように同じ物が出たときがあったとしてもw
 本当に子供だったので、右左を決めることなく親の決めた物に従うだけだったので、辛くなかったのかも。
コレが人の生活を左右させることを決める側だったら…と思うと、母は、そのころ今の私よりも若かったのに子供3人と両側の父母の事まで考えてなければならなかったので、大変だっただろうな…と。
私が生まれる前の話を聞いた限りでも、結構安いドラマのような人生を(失礼な!)送っていたんですが、その後もなかなかの生き様でした。
長女が、こんな生き物だしな……。
 つい数年前二十数年間行方知れず…という元身内もどうも生きてることがわかったぞ…とか。その方が原因で生活が追いやられた訳なんですが。
確かに貧乏生活も続いた事はあったんですが、おなか空いた日を送ることもなく、まわりの人も良くしてくれたので、その方が見つかって自由に生きてるのを知っても、特に恨む事もなくいられたのはありがたいと思う。
悲観するほど辛い目に遭っていたら、恨んだりしたのかもしれないけど、むしろ「へぇ…生きていたんだ」くらいでした(それもどうなんだ?)
ある意味私も自由な生き方なので…血なのかと。
 母は、この頃は、あまりにも平和で同じ毎日なので「飽きたので、何かしら用事作って呼んでくれ」…と(苦笑)
庭の草むしりでもするよ…と。w
暇なのが駄目な体質…微妙に親子を感じました(母ほどではないですが、私もばたついた人生)
長く平和だと、ちょっと落ち着かないw

話が戻って、本当に、守ってくれる大人がいるってのは子供にとっては大きく違うよな…と思いました。
辛いときに他人が手を差し出してくれるのって、本当にありがたいんですよね。
いいドラマでした。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
web拍手

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © ごくたま日記 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。